2011年08月14日

nDo活用法

ノーマルマップ作成用にPhotoshopでハイトマップを一から作るのは、複雑なディテールとなると描くのはけっこう難しく直感的じゃないです。
かといってわざわざハイモデルから作るのはめんどい。修正とか大変ですし。

そういう場合「nDo」を使えば直接ノーマルマップから作れるので直感的ですし、そのノーマルマップをもとにハイトマップも作れます。

これまた3D人さんのブログの紹介されていたPhotoshop用のスクリプト&アクションです(リンク)。
本家チュートリアル→(リンク)。


とりあえず新規レイヤーに好きな形のシルエットを白で描いてnDoのスクリプトを実行するとノーマルマップになるので、出現するウィンドウで半径とか深さ、スタイル等を調整。終了してもアクションを実行すれば何度でも修正可能です。
test01_01.jpg


その上に新規レイヤーを作れば重なります。
test01_02.jpg




そんな感じのを繰り返してこんなのを作成。
test01_07.jpg


ノーマルが出来たらウィンドウの「Height from normal」を押してハイトマップを作成。
test01_03.jpg


でそれをアクションの「Bump To AO」にかけてAOを作成。
test01_04.jpg


ウィンドウのColor from normal」を押して色分けされたテクスチャを作成。自動選択ツールを利用してパーツ別の描き込みに利用したりできます。
test01_05.jpg


でディフューズマップをAOの上に乗算で色を描いて作成、スペキュラマップとグローマップも作成。
test01_06.jpg



mayaでプレーンに貼っつけて3つ並べたのがこれ。
test01_SS.jpg


白い形状のレイヤーさえ作れば後は自動的にやってくれるので時間の節約にいいかもです。

機械とか建造物みたいな直線的なディテール作成に関しては、手間から言ってもPhotoshopノーマルは欠かせないですね。
posted by 高セ at 03:26| Comment(0) | Photoshop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月11日

ハイトマップ利用法いろいろ

 普段Photoshopでノーマルマップを作る場合、ハイトマップやらバンプマップをNvidiaの「NormalMapFilter」を使って作成しますが(参考)、ハイモデルからベイクした時みたいにノーマルとピッタリのAO(アンビエントオクルージョン)ができないから面倒だよな〜、と思ってたら便利なのがありました。

 3D人さんのブログで紹介されていた「Texture Kit」というアクションキットの「Bump To AO」を使用すれば、キレイなAOが作成出来ます。(リンク

 とりあえずこんな感じのハイトマップをPhotpshopで作って、
 height_test_01.jpg

画像をRGBカラー、8bitチャンネルに変換し、
「spAce's Special Actions」のBump To AOを実行。
※「Insane」は全体の高さ情報を見て深く作成
 「Finesse」は個々の高さ情報を見て浅く作成
bumptoao_action_menu01.jpg

で出来たのがコレ。
height_test_01_D.jpg

今回はInsaneをそのままディフューズマップとして利用して、
ハイトマップからノーマルマップを作成、InsaneとFinesseと50%グレーを乗算で重ねてスペキュラマップを作成して、
height_test_01_N.jpg

Mayaでシリンダに貼っつけたのがコレ↓
height_test_02.jpg

ちなみにハイトマップはZbrushの「MRGBZGrabber」を使えば一瞬で作れます(元々はアルファ画像作成用の機能なんですが)。
MRGBZGrabber_01.jpg

こういうのをMRGBZGrabberで囲めばこんな感じに
height_test_03.jpg

でそれをPhotoshopでノーマルマップに変換したり、Bump ToAOにかけるとこんな感じに。
height_test_04.jpg

ちゃんとリングの上下関係が維持されてます。

もちろんZbrushのアルファとしても使えます。
height_test_05.jpg
posted by 高セ at 01:10| Comment(0) | Photoshop | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。